投資詐欺の概要

会社  シンフォニー
代表取締役 伊藤 正明氏
内容 FX運用
開始 2010年以降
崩壊 2015年8月
会員者数 約5000人
被害額 約100億円

事件のあらまし

Yahooニュースでも大きく取り上げられていたので、ご存じの方もいらっしゃると思います。

アメリカドルをはじめとする外国の通貨は、毎日価値が変動します。
円安ドル高 などなど、ニュースで報道されています。

外国の通貨を、この価値変動でうまく儲けるよう売買する取引のことを、FXと呼びます。

伊藤社長のシンフォニーは、投資家から集めたお金を、FXを通じて運用し、
その利益を投資家に分配するという事業の会社で、いわゆるファンドと呼ばれます。

社長は、約3年前から集めたお金のうち、2億円を自分のマンション購入や
妻と遊ぶ金に使い、脱税したとして名古屋地検に逮捕されました。

さらに調べが進むにつれ、集めたお金は実際にはFXで運用されていないことがわかりました。

FXでの運用により、月3% 年にして何と36%の利益が出ると宣伝されていましたが、
実際には運用はされていなかったため、後から入った投資家のお金を、
先に入った投資家の利益にあてていたようです。

金融商品取引法

ちょっと難しい話になりますが、日本には金融商品取引法という法律があります。

簡単にいうと、投資を扱う会社は、金融庁に登録が必要です。
金融庁のホームページのリンクを進めば、とある会社が登録があるかどうかがわかります。

また、その会社の人間は、投資家に投資の勧誘をするわけですが、
その活動には資格が必要です。

これが問題なのですが、シンフォニーは登録されておらず、シンフォニーを勧誘する人は、
金融商品取引法上の資格を持っていませんでした。

これは儲かる儲からないの前に、 「違法」 なので、論外です。

さらにさらに、仮にこのファンドに投資して儲けたとしても、大概の場合は、
儲けに対する税金を払っていません。

登録、資格、税金の面でそもそもが違法でした・・・

FX運用詐欺からの教訓

決めつけは良くないですが、FX運用ファンドへの投資は、見送った方が賢明です。

筆者の経験では、99%が5年以内に崩壊します。
残り1%は、、、長く続いているFX運用ファンドがあれば教えてほしいという期待値です。

儲かればいい という考えもあるかもしれませんが、そもそもが違法であるので、
手を出さない方が賢明です。

とはいえ、 「 お金を預けるだけで、毎月*%の利益が出ます 」
という魔力にはかないません。過去も未来も、被害者は出続けると考えられます・・・

せめて、破産するほどのお金は失わないことを祈るのみです。

photo by: