投資詐欺の概要

会社   株式会社ライフアップ
社長   田澤吉美氏
内容   ネットワークビジネス型の出資金詐欺
開始   2006年 10月
崩壊   2009年 7月22日
会員   5万人
被害額  100億円超

画期的なシステム

「毎月1.4万円の健康食品を購入すれば、2年後に
毎月25万円の年金ボーナスをもらえます」

すごくないですか?
1年間がんばってお金を払えば、
2年後に毎月25万の年金ゲット!!

あなたが会員になると、自分を中心とした、子2人、孫4人の
「年金たまご」というユニットが組まれます。

新規会員が入ると、ユニットの空いているところに
会社がシステムを使って登録します。

誰かを紹介しなくてもいい、素晴らしいシステムだ!

このシステムは、特許出願もされており、
これからの時代を変えるシステムです。

こんなはずでは・・・

年金ボーナスが支払われないという相談が続き、警視庁が家宅捜索に
踏み込みました。

警視庁調べでは、会員数は5万人、被害額は100億円超でした。
1人あたりにすると、被害額は20万円程度です。

悲しいのは、被害者の多くが高齢者だったことです。
ちょうど、国の年金崩壊が叫ばれていたころで、不安になった高齢者の方が
食い物にされました。
弱い高齢者をターゲットにした投資詐欺は、絶対に許せません。

裁判で明らかにされた内容と教訓

逮捕された社長は、年金たまご以前に、「宇宙たまご」なる事業をやっていました。
実際にたまごを商品としていたそうです。なんじゃそりゃ・・・

社長いわく、「運営に問題はなく、会員が勝手にやめたため」事業は失敗
その後別な事業でも失敗が続き、気が付けば借金は3000万円になったそうです。

追い込まれた社長は、「経済革命」をスローガンに、年金たまごをスタートさせます。

年金たまごは社長にとっては大きな成功をおさめ、報酬として約4億円を得たようです。

支払った金額以上の利益を得たのは全体の4%で、初期に会員になった人でした。

ここから得られる教訓は、ある程度の歴史は必要 ということです。
たいていの詐欺は、5年程度で崩壊しています。
5年程度経過しているのを見て、参入するかどうか決めるのがよい と考えています。

開始されてすぐ参入して、崩壊前に去る ことができれば、損も出さず、
むしろ得して終わることができます。
実際、年金たまごでも利益を得た人はいますので・・・
しかし、その利益も、誰かの損を得ているだけなので、結局は関わらないのが一番です。

photo by: