投資詐欺の概要

会社  バーナード・L・マドフ・インヴェストメント・セキュリティーズLLC
代表取締役 バーナード・L・マドフ氏
内容 出資金詐欺
開始 1980年頃
崩壊 2008年
会員者数 少なくとも数千人
被害額 650億ドル(当時のレートで約6兆円)

史上最大級の詐欺事件

バーナード・L・マドフ氏は、アメリカの実業家です。

アメリカにある、世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場のナスダック(NASDAQ)
の元会長でもあり、社会的地位の高い人物でした。

2008年のサブプライムローン危機で、投資家からお金の払い戻しを求められたが、

その現金の確保ができず、詐欺の罪でFBIに逮捕されました。

年10%の高配当を宣伝し資金を集めていましたが、実際には運用されず、

集まった資金は、その後に参加した投資家の配当へと充てられていました。

いわゆるポンジースキームでしたが、実に30年近くもの間、続いていたことが驚きです。

だまされたプロ達

映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏などセレブ達に加え、金融のプロ達もだまされていました。

イギリス最大の銀行である、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、フランス最大の

BNPバリパ銀行、日本ではあおぞら銀行、三井住友生命、あいおい生命などなど・・・

いわゆる金融機関のプロ達がだまされていました。

プロ達は、実はアホだったのか!?   私はそうは思いません。

世界で最も頭が良いとされる、ハーバード大学の基金がありますが、その直近5年間の

運用成績は、平均年11.6%でした。

マドフ氏のファンドに投資した時の年利は10%ですから、ありうる数字なわけでした。

また、マドフ氏自身が信用できる人物であること、30年近くの歴史があるファンドであることから

投資してしまうのも致し方ないかと思います。

マドフ事件からの教訓

マドフ事件から、あえて教訓を出すとしたら、透明性が低かったこと だと思います。

通常、ファンドは外部に委託して資金を運用し、第三者機関の監査を受けます。

しかし、マドフ氏のファンドは、内部で資金を運用しており、監査を受けていませんでした。

唯一、この点を心配し、投資をしないと判断した人は、大手金融機関よりはるかに

賢い人なんだと思います。

ただ、、、繰り返しになりますが、大手金融機関もだまされたこの事件について、

我々一般の市民が見抜くことは非常に難しいと考えます。

5年以上続くファンドでも、危ないものはある ということが教訓だと思います。